2010年11月12日金曜日

賛否両論、ロゴ『ドロミティ・ユネスコ』

ドロミティ山塊がユネスコ世界遺産に登録されたことを機に、ヴェネト、トレンティーノ・アルトアディジェの3州、ベッルーノ、ウーディネ、ポルデノーネ、トレント、ボルツァーノの5県の共同出資により創立された『ドロミティ・ユネスコ財団』。一般募集の中から財団のロゴがアオスタのアーノルド・トランティの作品に決定した。

http://www.mountainblog.it/?p=11266


選出されたロゴは、真っ赤な背景にドロミティ山塊と並んでイタリア語、ドイツ語、2種類のラディーノ語を横文字がデザインされたもの。

しかし、これには相当の賛否両論あるそうで、たとえば背景の赤色に対して適当でないとか、または自然を象徴するものであるはずが、高層ビルを連想させるデザインであるなど、地元の新聞、ニュース、サイトなどでは大きな反響を呼び、インターネット上でも反対署名運動まで起きている。(ネット影響力はすごい)

http://www.firmiamo.it/logo-dolomiti-unesco--evitiamo-che-pubblicizzino-quell-orrido-

個人的にどうか?  è brutto に1票。(好みを意思表示するのは大切ですからね、ここでは)

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

[url=http://flagyl-online-buy.net/]Buy Metronidazole[/url] Cheap Priligy http://lasix-buy-online.net/